深谷陽先生著『もっと魅せる・面白くする 魂に響く 漫画コマワリ教室』2月21日発売!

東京ネームタンクのコマワリ講座「コマワリ空間」が書籍化!
株式会社ソーテックより『もっと魅せる・面白くする 魂に響く 漫画コマワリ教室』として、2019年2月21日発売いたします。

「なんとなく」「感覚で」描いてしまいがちなコマ割り。ですが、ほんの少しの違いが漫画の魅力を左右します。
本書では作者の意図を効果的に演出し、漫画の面白さを際立たせるテクニックを惜しみなく公開。
実際の講義で作られた作品を元に、深谷先生自身の手による豊富な作例でわかりやすく、実践的に解説します。

漫画の面白さの半分は「魅せ方」。
本書で紹介するテクニックで、表現の幅が劇的に広がります。


<構成>
◆Part 1. コマワリの基本
  • 絵変わり
  • アングル
  • 奥行き
  • フリとウケ
  • フレーミング

  • ◆Part 2. 実践添削講座
  • 会話シーン編
  • アクションシーン編

  • ◆Part 3. 過去作品の添削
  • 漫画家歴25年、深谷陽が自身のデビュー作を添削

  • ◆Part 4. マンガを描いてみる~特別描き下ろし~
  • 本書で紹介するテクニックを深谷陽が実践


  • <商品情報>
    【タイトル】もっと魅せる・面白くする 魂に響く 漫画コマワリ教室
    【サイズ】A5・304ページ
    【本体価格】2,300円+税
    【ISBNコード】978-4-8007-1232-5
    【詳細ページ】http://www.sotechsha.co.jp/bs/html/1232.htm
    【著者プロフィール】
    深谷陽(ふかや あきら)
    1967年福島県生まれ。多摩美術大学グラフィック科卒。舞台大道具・特殊メイクスタッフを経て、94年漫画家デビュー。
    主な作品
    『アキオ紀行バリ』(講談社)
    『運び屋ケン』(集英社、パンローリング)
    『踊る島の昼と夜』(エンターブレイン、パンローリング)
    『スパイシー・カフェガール』(宙出版)
    『スパイスビーム』(日本文芸社)
    『艶捕物噺』(リイド社)
    『密林少年〜Jungle Boy〜』(集英社)
    『鉄男 THE BULLET MAN』原作・塚本晋也(エンターブレイン)
    『ティガチャンティック』(ホーム社)他多数

    <電子書籍版・同日発売>
    【Kindle】
    https://www.amazon.co.jp/dp/4800712327/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_L4nBCbQ1QJHK4

    <コマワリ講座「コマワリ空間」>
    漫画家・深谷陽によるワークショップ形式のコマワリ講座。
    参加者は2ページの共通課題に60分間取り組み、ひとりひとりの課題を深谷陽が直接添削します。
    会話シーン編では、指定された4行のセリフを効果的に配置し、伝えたい意図をしっかり表現する技術を学びます。
    アクションシーン編では、セリフを使わずに伝えたい意図を表現することで、演出の技術を深めます。
    【詳細】https://nametank.jp/komawari/

    今おすすめの記事

    1. 漫画ソムリエ東西さんの「持ち込み先・進路相談」で…
    2. ネームタンク受講者で花とゆめにて活躍されている新人漫…
    3. 奇抜なアイデアを求めて何も描けなくなってしまった経験はありま…

    ピックアップ記事