漫画の技術向上合宿「まんが奨励会 プロ養成ネーム合宿」2020年8月14日(金)~17日(月)開催! 漫画家の、独力の限界を超える技術向上を支援します。

東京ネームタンクは、2020年8月14日(金)~17日(月)に、
漫画の技術向上合宿「まんが奨励会 プロ養成ネーム合宿」を開催いたします。

「まんが奨励会 プロ養成ネーム合宿」は3泊4日で商業レベルの作品を制作する漫画合宿です。
東京ネームタンクの運営するプロ養成研究会「まんが奨励会」での講義・ワークショップの内容を踏襲し、
商業に通用する強い企画を作るとともに
読者に効果的に伝わるような演出力を鍛えます。

東京ネームタンクの「ネームできる講座」修了者であれば
まんが奨励会会員でなくても「まんが奨励会 プロ養成ネーム合宿」に参加することができます。


現在の漫画家は、担当編集者がつかない限りは自分一人で作品を作るのが主流です。
漫画は「読者という他人」に描きたいことが伝わる形になっているかがとても重要ですが、それは作者一人ではチェックしづらいものです。
人に見せたとしても、多くの場合作者の「描きたいこと」がなんなのかが共有されないままのフィードバックとなるため、適切なフィードバックが得られるとは限りません。
また、編集者に見せる場合はすでに出来上がったネームを見せることがほとんどで、制作途中にチェックしながらネームを制作することは編集者の拘束時間の点からも困難です。すでに出来上がったネームを修正するのは、作家の時間・精神的なコストがかかります。

このような従来の制作プロセスでは得ることの難しかった「他人からの適切なフィードバックを得ながらの制作」を
「まんが奨励会 プロ養成ネーム合宿」は以下の特長によって解決することを目指します。


◆「まんが奨励会 プロ養成ネーム合宿」の特長

1. 「信頼できる他人」の視点を制作に取り入れるグループワーク
この合宿では、ネーム制作中のグループワークを取り入れています。
他者の視点から作者の「描きたいこと」が読む人に伝わるかをチェックしながら、ネーム制作を進めていきます。
このことで、個々の漫画家がそれぞれの作品への「他人の視点」を得ることができ、
一人では得られない技術向上の効果が得られます。


2. 定評のあるネーム構造論をベースにした、創作の「共通言語」
テーマやドラマなど、創作にまつわる用語は定義が曖昧なまま使われがちで、打ち合わせ現場での漫画家と編集者のすれ違いを生んでいます。
「まんが奨励会 プロ養成ネーム合宿」の参加者は「ネームできる講座」修了者。
「ネームできる講座」の内容を共通言語として、
コミュニケーションの齟齬が最小限の状態でグループワークが行えます。


3. 漫画作業に集中できる環境とカリキュラム
東京ネームタンクでは例年3泊4日で32ページネームを完成させる「臨海移動教室」を開催している。
「まんが奨励会 プロ養成ネーム合宿」でも同様に、
漫画作業に集中できる、静かで雑音のない環境とタイムテーブルを用意しています。
また、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、検温・アルコール消毒・マスク着用など
感染防止策を徹底します。


当イベントは、漫画制作者に漫画制作に適した環境を提供し、また
個人制作では得られにくい、各漫画家の目標や作風に応じた適切なフィードバックを提供することで、漫画家のさらなる技術向上を支援します。


◆「まんが奨励会 プロ養成ネーム合宿」開催概要
【参加資格】ネームできる講座を既に受講された方(予約ページ記載の対象講座をご確認ください)
【日程】2020年8月14日(金)~17日(月)(8/8にオンラインでのオリエンテーションあり、参加任意)
【場所】鴨川青年の家(千葉県 JR太海駅)
【講師】ごとう隼平・たくじ・馬場彩玖
【定員】20名
【参加費】50,000円(税込・交通費別)
【持ち物】Google スライドおよびGoogle フォトを利用できる電子端末、筆記用具、マスクなど。
その他の詳細は8月7日(金)までにPeatix経由でメールいたします。


【予約ページ】
https://msk-pro-camp-2020.peatix.com/

▼各講座の詳細はこちらから▼

今おすすめの記事

  1. 漫画を描いたことがない方でも1日で8ページのネームが描け…
  2. 奇抜なアイデアを求めて何も描けなくなってしまった経験はありま…
  3. ネームが描けない、辛い……デビューから4年、…

ピックアップ記事