2021年1月10日(日)開催の日本最大規模のネームのオンライン展示会「ネーム大交流会ONLINE 2」、2020年12月11日(金)より編集者参加募集開始! 総計150以上の漫画作品が一堂に会し、作家と編集者間の交流を活性化します。

東京ネームタンクは、2021年1月10日(日)に開催する漫画の企画オンライン展示会「ネーム大交流会ONLINE 2」の編集者向け参加枠募集を2020年12月11日(金)より開始いたします。

「ネーム大交流会ONLINE 2」は出展者が制作したネーム(企画を検討するための漫画の下書き)を一堂に集め、その成果を見せ合う展示会です。会場には出展者である漫画家、運営の招待した編集者、編集者枠で参加申し込みをした編集者のみが入場することができます。

出張編集部などの漫画家来訪型イベントにおいては持ち込まれたすべての作品を読まなければならず、
編集者が能動的に読みたい作品を選ぶことはできません。
また、漫画家としても、持ち込みイベントで偶然当たった人よりも
自分の作品を気に入って声をかけてくれた編集者と企画づくりを進めていく方が、
より円滑に打ち合わせが進められます。
円滑な打ち合わせはよりよい作品作りに繋がり、編集者と漫画家、双方のメリットとなります。

朝日悠先生『幼馴染が強敵です。』(デザート、講談社)、幸坂あゆみ先生『コワモテ上司に恋するなんて想定外です!』(バニラブvol.10、リブレ出版)など、
「ネーム大交流会」での出会いから商業作品も生まれています。

前回は2020年7月25日(土)に開催。初期募集100スペースに対し計154サークルが参加し、
大きな賑わいを見せました。
今回の「ネーム大交流会ONLINE 2」は前回を上回り、計195サークルが参加予約をしています。


◆「ネーム大交流会ONLINE 2」の特長

1. 作品と作品で繋がる交流会
従来の漫画家交流会では、まず人と繋がってみて、それから初めて相手の作風やジャンルを知ることになります。
しかしそれでは、趣味の合う相手と運任せでしか出会えません。

「ネーム大交流会」は、「作品」から繋がることができるよう設計された交流会です。
まず作品を読むところから交流をスタートできるため、
運任せにすることなく、趣味の合う相手を探せます。


2. オンラインで、地域を選ばず趣味の合う作品と出会える
「ネーム大交流会ONLINE」は「ネーム大交流会」のオンライン版です。
当イベントはオンライン即売会サービス「pictSQUARE」上で開催されます。参加はPCまたはスマートフォンのブラウザがあれば可能です。
オンラインでの開催ですので、様々な地域の参加者が
作品を通して、趣味の合う相手とつながることができます。


3. 作品や作者のことがすぐ伝わり、交流しやすいブース設計
「ネーム大交流会ONLINE」では作品の企画趣旨やPRポイント、作者の趣味嗜好などが一目で分かるような専用の作品紹介シートを用意します。
参加者は自分が興味を持った作品を選んで自由にネームを読むことができます。
参加者は、各ブースに設置された作品を読み、感想や連絡先をその場で書き込むことができ、
イベント中でも終了後でも、いつでも自由に出展者にコンタクトを取ることができます。


当イベントは、作品の魅力をわかりやすくし、また作品に対するレスポンスを視覚化することで、
作品を通じた漫画家同士の交流および円滑なコミュニケーションを支援します。



◆「ネーム大交流会ONLINE 2」開催概要
【日程】
2021年1月10日(日)

【時間】
11:00~16:00(入退場自由)

【タイムスケジュール(予定)】
11:00 開会式(YouTubeにて参加者限定配信)
11:15 ネーム大交流会ONLINE 2 開催
15:45 閉会式(YouTubeにて参加者限定配信)
16:00 終了

【募集スペース】
150ブース

【参加費】
5,000円(税込)

【イベント詳細ページ】
https://nametank.jp/nameexchangemeeting_online/

【編集者用予約ページ】
https://nxm-online2-editor.peatix.com


▼各講座の詳細はこちらから▼

今おすすめの記事

  1. 2017年8月にネームできる講座を受講したウンポーコ先生が、…
  2. ネームタンク受講生で、白泉社LaLaでデビューし活躍…
  3. 漫画ソムリエ東西さんが作品の方向性や漫画業界での…

ピックアップ記事